サッカーあそび

目的・ねらい

かつて子ども達はオニごっこや木登り、ボールあそびなど十分な外あそびの中で手足のバランス、平衡感覚など様々な運動能力を自然に身につけて育ってきましたが、現代っ子は遊び場も限定され、事故や事件と不安も多く十分な外あそびはとても無理な状況です。
そんな子ども達に思いっきり外あそび体験をさせる発想から、サッカーあそびを取り入れて30年になります。
幼稚園ではありえない程広いグラウンドで思いっきり走り回ったり、ゲームを楽しみながら夢中になる事から、十分な運動量の確保と同時に勝つ喜び、負ける悔しさを実体験したり、ルールを守る意味を理解したり、チームワークの芽生えから仲間意識、友達づくりへと発展させたり・・・
幼稚園サッカーは勝つことが目的ではありません。みんなで夢中になってひとつのボールを追いかける、その事に意味があるのです。


授業の様子

各項目の動画をご覧いただけます。見たい項目をクリックしてください。

サッカーあそび

幼稚園から

SIあそび担任

子ども達の大好きなボール遊び
広いグラウンドでのびのびところがして、けって遊んでいるうちに仲間ができてサッカーに勝ったり負けたりするうちにちょっぴり運動嫌いな女の子でさえ夢中になって、ルールも覚え、幼いなりにチームワークも芽生えてきます。がまんする心、がんばる心、いろんな事をサッカーで体験し、実感し、みんな「サッカー大好き」「だってカッコいいもーん!」と楽しんでいます。


ページ先頭へ

すこやか日記

すこやか日記 おもいでの一枚 園庭開放 給食のご案内 年間行事カレンダー 入園のご案内 お問い合わせ 東部の学校・進路・職業